読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキャルFXをぶっちゃけ公開

スキャルピング取引でFX(外国為替証拠金取引)をするトレーダーです。(正確にはスキャルでも)ぶっちゃけFX生取引結果と反省を大広げで公開いたします。

ドル円が暴落したのはポンドドルが激しく下落していたから?

f:id:komikomi2:20130615135516j:plain

ドカーンとスミマセン。昨日の午前中のドル円の15分足チャートです。

日本の株式市場開始前は95円80銭とかで利確していたのに、その後まもなく暴落。

前日のニューヨーク市場では円安が続いてました。日本時間の株式市場が開始される午前9時。開始後まもなくずるずると円が買戻し。

20130603142029

直近安値、95円50銭付近でロング⇒ダメ(-10pips)

一目均衡表の転換線でロング⇒ダメ、するすると落ちてしまい損切り

入れる間もなく-15pips。

94円に割り込んだところで反転を狙って+10pips

ここがサポートかなとポジションはると、やはりダメ -12pips

結局、1円以上も一気に下げる荒れ相場でした。

94円40銭台・・・さっき95円80銭じゃなかったっけ?

そして、ドル円の価格の方が、その後株価の下落が収まるとこんどは大きく上昇。95円30銭付近まで大きく回復。でもその後94円70銭まで下落。ボラティリティが激しすぎてたまらないですね。

 

別な件です。

以前から気になっていたのですが、ポンドドルとの動きにも追従していることを確認しました。

この下げと同時に、ポンドドルも激しい下落相場。ドル円と似ている動きというのは知っておりましたが、これほど追従するとは思っていませんでした。

ポンドドルの半端でない下げがあると、それと同時か瞬間的に遅れてドル円がどさっと下落。しかも5pips、7pipsとか連続して一気に平気に下落する追従振り。

ポンドドルのどさっと売られて下落する動きそのものでした。

 

その後もずっと観察してましたが、必ずそうなるとは限らず、時間帯によっては、ポンドドルが大きく下落していても、ドル円はゆっくり下落するという時間帯もありました。あまり影響していない時間帯もあるということです。

 

不思議な動きばかりで、大変です。

 

ブログ為替レート

↑他のFXブロガーさんもご参考に!

 

FX会社比較サイト