読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキャルFXをぶっちゃけ公開

スキャルピング取引でFX(外国為替証拠金取引)をするトレーダーです。(正確にはスキャルでも)ぶっちゃけFX生取引結果と反省を大広げで公開いたします。

3営業日連続して似たようなドル円レート

おはようございます。3営業日続くと4営業日も同じような動きをするのか?でも、そう思うとそうにならないのがFxです。

3営業日同じようなドル円の動きというのは、前半ロンドン時間程度までドル円レートが上昇、または勢いのある上昇トレンドが続いたかと思うとその後急落といった動き。ポンド円に引っ張られるのか、ドル円レートの下落がポンド円を急落させているのかわかりませんが、ポンド円のが先に動いているように見えますので、私個人はポンド円がドル円のレートを引っ張っていると考えてます。

ポンド円の下落が激しいと、ドル円の下落が有りえないほど激しいものですから、スキャルピングをしていても利益がどさっと食われてしまうので困っております。

もっとも下落が激しい時には、トレードポイントと思っている部分ではロングを張らないことが無難ですね。まあ、そういうポイントは、トレンド転換時しかないのですが、押し目に頼るしかなさそうです。

昨日のドル円スキャルピングの前半は調子が良かったですが、急落が激しい時に利益が飛びました。その後、安値圏でやや取戻し、約30pipsの利益でした。ちなみに平均1.5枚です。

うまく行かなかったスキャルの反省点は、まず1つが昨日の記事が1つです。

私のQQEの使い方|6月24日

QQEは私が使った中では、うまく使えば信頼度アップできるインディケーターだと考えてます。

あとは、エリオット波動論の弱気のニ波目が、ここ3日目に暴落する場所と一致していると感じてます。ここでロングを持っていたことがまずかったと思います。それと、やはりQQEの実践が破線の下に来ている時、且つ一目均衡表の転換線が基準線を下回って基準線が価格をサポートできていないといよいよ本格的な下降になる危険があることが分かりました。もしその時、ロングのポジションを保有していたらすぐに手終っておかなくてはならないと思いました。

にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村

ブログ為替レート