読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキャルFXをぶっちゃけ公開

スキャルピング取引でFX(外国為替証拠金取引)をするトレーダーです。(正確にはスキャルでも)ぶっちゃけFX生取引結果と反省を大広げで公開いたします。

【FX/ドル円】5月20日私のスキャルピングのトレードポイント 

 今朝方大きく為替レートを下げていたドル円相場ですが、102円後半まで戻したもののその上への上昇は今のところ抑えられています。ここ最近のドル円相場は、短めの中期間の間に勢いよく上昇されてきた為、短期で下げる期間もでてくるのではないかと考えている私です。なので、下げたのでむやみに買うということも恐れています。しかしながら、上昇トレンド真っ最中なので売りで攻めるのも、大変なリスクですね。

 本日の私のFXトレードポイントを発表したいと思います。あくまで、ド素人の個人的な予測ですので全く責任はとれませんのでご承知おきくださいませ。

下のFXのチャート画像は、今朝から今日の午前中のドル円15分足です。

ニューヨーク時間は、また変わってくると考えてますので、PM6時~PM8時までくらいには、この記事の計画のスキャルピングは、終了したいと思います。

20130520113431

直近の最安値、安値、最高値、高値を基本としております。

リスクをできる限り軽くするために、上記の①から④までの4ポイントで、FXトレードポイントを計画したいと思います。短期では上昇トレンドなので、売り(ショート)からはあまり入らない方がいいと考えました。

スキャルピングならではで、この①から④の間にも試してみたい部分はありますが、直近の最安値、安値、最高値、高値だけで計画します)

①では、価格が正確に言えませんが、買い方向(ロング)で考えてます。下げ止まるようでしたらトレード開始し、下に抜けてしまうようでしたら、「待て!」です。その場合は、改めて買う価格は計画したいと思います。下に抜けるようでしたらもちろんリスク大ですので、タイトな損切りで自動決済注文も忘れないようにしたいと思います。①以下でのショートは今のところ考えておりません。

 朝方からアジア時間の前半で作られたと思われるレンジで②と③があります。ここをレンジ相場と考えて②のラインに迫ってきた時には買いから入り、③に近づいた時には②とは逆に売り(ショート)から入りたいと思います。どちらも損切りは、トレードするポイントにもよりますが、ラインから±7Pips程度にしたいと思います。レンジブレイクは、私はうまく利益を出せたことがないので、②を下回ったら売りで着いていく、③を上回ったから買いで着いていくということはしないこととします。

④は、①と逆の考え方でいいと思います。

*どのポイントも自動注文の設定しておくということはせず、相場の勢いをFXチャートで見ながら、じっくり観察してポジションを持ちたいと思います。